千葉県

スポンサーリンク
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪631~印旛で50年営業の老舗鰻屋「名鳥」さん

しっかり蒸し焼きは浅め。大きさは5pサイズほど、トロトロと柔らかな食感。味醂の効いた辛めのタレ、しっかりご飯にもかかっている。ご飯の盛りは良く、炊き加減も固めで好みだ。「名鳥」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪616~地元に愛される老舗鰻屋さん「鰻六代目新松」さん

江戸期創業の老舗鰻屋さん。ほくっとした食感の蒲焼き。甘め寄りのタレで鰻のボリューム感とのバランス良い。ご飯柔らかめの炊き加減で盛りは多め。「鰻六代目新松」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪604~佐土原産和匠うなぎを楽しむ「はんなり亭」さん

蒸し過ぎていなくて絶妙な蒸し加減と焼き加減。トロトロに仕上げず、ややプリっとした食感を残してある。同割的な基本のタレをベースに、やや甘め寄りで濃過ぎず。主張過ぎないタレが和匠鰻の旨味を引き出す。東船橋の「はんなり亭」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪595~千葉市の人気店「うな徳」さん

タレは甘めよりで濃すぎないので鰻の旨味も楽しめる。タレは鰻の脇役に徹している。全体のバランスが良くガツガツ食べてしまう。ちなみに西千葉のやまのいさんは、「うな徳」さんの娘さんの旦那さんがやってるのだそうだ。こちらも気になる一軒だ。「うな徳」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪596~旧宿場町の老舗でブランド鰻を食す「うるいど八幡屋」さん

鰻は共水、坂東太郎、和匠と全国のブランド鰻を扱う。松竹梅のグレードで量と鰻の大きさが違うtこと。今日のブランド鰻は坂東太郎を使用しているとのこと。坂東太郎のうな重松を注文する。「うるいど八幡屋」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪566~デパ地下の本格的絶品うなぎ弁当「戸村川魚店そごう千葉店」さん

うなぎ弁当と蒲焼きは蒸し済なのだそうだ。蒸してあるといっても浅蒸で鰻の肉質感がしっかりと楽しめる。そして戸村川魚店さん自慢の白焼きは基本的には地焼きで提要してお客様のお好みに合わせて蒸したり地焼きしたり調整出来る様にしているのだそうだ。「戸村川魚店そごう千葉店」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪545~随所に店主のこだわりを感じるうな重をいただける。「うな藤」さん

蓋を開けるとほのかな炭の香りと甘辛の香りが食欲をそそる。4Pサイズの身は箸で持つのが難しいくらいトロトロとところけるように柔らかい。本日は愛知県産の鰻だそうだ。「うな藤」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪544~安定の江戸前蒲焼き「日本橋鰻伊勢定そごう千葉店」さん

正統派な関東風江戸前のうな重だ。厚みのある身は、しっかり蒸されトロトロになり柔らな食感。「日本橋鰻伊勢定そごう千葉店」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪543~江戸前の蒸しと関西の焼きがいい感じな「うなぎ処さかた」さん

しっかり蒸されトロっと柔らかな身。サクッとした食感に焼き上げられた身だが、焦げめ無く見た目も美しい仕上がりだ。「うなぎ処さかた」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪535~ここでしか楽しめないクジラと鰻の共演「新都」さん

炭火で丁寧に焼き上げられ、フワッとトロっとした身に仕上げてある。鰻を引き立てる醤油香る控えめでシンプルなタレ。ご飯はやや水分多めだぎ許容範囲。というかご飯にタレをまぶすのが新都流なのだそうだ。「新都」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪517~成田山新勝寺参道の老舗鰻屋さんのひとつ「菊屋」さん

浅蒸しの蒲焼、脂を完全に落とし切らない、脂ののった秋鰻の美味しさと炭火の香りを楽しめる、うな重だ。「菊屋」さんをを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪515~関西風と関東風の食べ比べができる「うなぎ おがわ 我孫子店」さん

店主は若く探求心も旺盛。川魚問屋出身で鰻については知り尽くした店主だ。問屋時代に自分で鰻を焼き、焼き方を思考錯誤してきたのだそうだ。「うなぎ おがわ 我孫子店」を探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪509~千葉県野田市の鰻加工所がある「うなぎ日本一本店」さん

日本一で鰻を販売していることは知っていたが焼き鳥屋チェーンと思って見向きもしていなかったのだが、ふと日本一のホームページを見て興味が湧いてきた。「うなぎ日本一本店」を探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪486~リーズナブルに楽しめる肉厚蒲焼「うなぎ新川 本店」

成田山新勝寺参道には人気の鰻店が軒を並べているが、今回は成田空港近くの鰻卸問屋直営のうなぎ新川 本店さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪415~千葉県松戸市「うなぎ割烹 にし村」

2017年6月13日に松戸八柱に新規オープンする千葉県松戸市「うなぎ割烹 にし村」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪372~千葉県いすみ市「斉藤うなぎ店」

さきほどの「斉藤うなぎ支店」で白焼きを購入後、いすみ市へ向かう。千葉県いすみ市「斎藤うなぎ店」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪371~千葉県いすみ市「斎藤うなぎ支店」

養老温泉からいすみ市へ向かう。土地勘のなところはナビにお任せ。千葉県いすみ市「斎藤うなぎ支店」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪369~千葉県大多喜町「川の家」

ちょっとお疲れが溜まると湯に浸かりたくなる奥房総養老渓谷温泉郷へ久しぶりの一泊二日、超プチ湯治の旅。千葉県大多喜町「川の家」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪368~千葉県山武市「橋本食堂」

千葉県の養老温泉に奥様と二名様で一泊の超プチ湯治に出かける。その道中、千葉県山武市「橋本食堂」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪355~千葉県香取郡「割烹たべた」

国道からは細い路地を入る、通り過ぎてしまいそうだ。お店から利根川側は広い田園地帯だ。千葉県香取郡「割烹たべた」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪306~千葉県佐倉市「岡野川魚店」

うなぎは大好物である。 臼井方面い出張の際通りかかったお店岡野川魚店。昼食をいただいた「喜楽」にほど近いところ。川魚店を見れば通り過ぎるわけにはいかない。持ち帰り専門の川魚店、鮮魚店とも違う。 店舗横の数台の駐車スペースに車を置き店内を覗い...
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪305~千葉県佐倉市「喜楽」

昼時、印旛沼近く、県道から横道を入ると田園地帯が広がる。うなぎ喜楽へ行く、店舗前に広めの駐車場がある。千葉県佐倉市「喜楽」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

美味しいもの探訪030~千葉県成田市「下田康生堂ぱん茶屋」

ひとつ食べると腹が膨れる。ふっくら焼きたてパンと鰻の蒲焼のコラボレーション。ここでしか食べられないパンだ。恐るべしうなぎのぼりの街成田。美味しいもの探訪030~長野県安曇野市「下田康生堂ぱん茶屋」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪270~千葉県成田市「川豊本店」

1925年(大正14年)現在の本店の場所からは外れるが、丸豊川魚店を構えたとのこと。このころ鰻料理が成田に広まり名物となったのだそうだ。1967年(昭和42年)丸豊川魚店から川豊として現在の本店の場所となる。千葉県成田市「川豊本店」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪211~千葉県野田市「うなぎ川村」

醤油どころ野田の古街。愛宕神社向かいのうなぎ川村さん。近くのコインパーキングに車を置く。店頭では佃煮を販売している。千葉県野田市「うなぎ川村」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪210~千葉県柏市「大和田 柏」

国道16号線沿い、柏駅近く。10卓ほどのテーブル席、モダン和風の店内、BGMにはムードジャズ。千葉県柏市「大和田 柏」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪150~千葉県佐倉市「うなぎ 天ぷら 鹿島園」さん【閉店】

成田からの帰り道の成田街道、佐倉界隈で川魚料理店を発見。秋は陽が落ちるのが早い。このあたりで夕食としておこう。千葉県佐倉市「うなぎ 天ぷら 鹿島園」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪107~千葉県成田市「駿河屋」さん

車のお祓いで成田山へ行く、初めてだ。参道をブラブラ歩く、こういう街並みはいいねえ。この参道には鰻の看板をたくさん見かける。うなぎ専門店の看板を見つける、店先では鰻を裂いているのは駿河屋さんだ。創業1798年(寛政10年)の老舗駿河屋さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪102~千葉県野田市うなぎ「千歳家」さん

仕事帰り、家まではまだ遠いので立ち寄る。醤油の街、野田。古い街並みの中にお店はある。千葉県野田市「千歳家」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪098~千葉県成田市うなぎ「い志ばし」さん

千葉県の佐倉で所用、こちら方面への外出は珍しい。ここまできたら、成田印旛方面のうなぎを食べてみたくなる。千葉県成田市「い志ばし」さんを探訪する。
スポンサーリンク