茨城県

うなぎ愛好会

うなぎ探訪498~「霞ヶ浦の天然鰻漁に密着④いよいよ霞ヶ浦天然鰻のうな丼を食す」

霞ヶ浦の漁業権を保有する霞ヶ浦での天然鰻漁師三代目「麦わら村長」さんの天然鰻漁に密着取材する。
うなぎ愛好会

うなぎ探訪497~「天然鰻を蒲焼にしてうな丼をつくる」

霞ヶ浦の漁業権を保有する霞ヶ浦での天然鰻漁師三代目「麦わら村長」さんの天然鰻漁に密着取材する。
うなぎ愛好会

うなぎ探訪496~「霞ヶ浦天然鰻漁に密着②~かえし付きの仕掛けで鰻は採れるのか?」

霞ヶ浦の漁業権を保有する霞ヶ浦での天然鰻漁師三代目「麦わら村長」さんの天然鰻漁に密着取材する。
うなぎ愛好会

うなぎ探訪495~「霞ヶ浦天然鰻漁に密着①~昔ながらの竹筒漁で鰻は採れるのか?」

霞ヶ浦の漁業権を保有する霞ヶ浦での天然鰻漁師三代目「麦わら村長」さんの天然鰻漁に密着取材する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪486~この雰囲気に癒される「うなぎ川松」

茨城県古河でのお気に入りのお店で鰻で一杯。こんな時期なのに素敵な笑顔で迎えてくれる「川松」さんには感謝である。また行きます。白焼きに地酒はクセになりそうだ。「うなぎ川松」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪479~水戸で気軽に鰻を楽しむなら「ぬりや泉町大通り」

水戸で気軽にうなぎを楽しみたい。「ぬりや泉町大通り」さんを再訪探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪471~裂きたて蒸したて焼きたてが楽しめる茨城県つくば市「うなぎ 桐」

注文を受けてから裂くという2020年3月にオープンした新店、茨城県つくば市「うなぎ 桐」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪458~おもてなし力が高い、茨城県水戸市「ぬりや泉町大通り」

仕切りで仕切られた半個室席、和服の店員さん、暖められている蒲焼の器、おもてなし力が高い水戸ぬりやさんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪440~茨城県古河市「川松」

古河市は城下町。ぶらぶら散歩していても城下町風情を感じることが出来る。茨城県古河市「川松」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪439~茨城県古河市「たたみ家」

うなぎは大好物である。 引越しをしたことで古河市がわりと近所になった。古河市というと城下町でもあり鯉の甘露煮が名物である。そうして昨今は浦和のうなぎ祭りにも古河のうなぎとしてブースを出すほどうなぎの街アピールをしている。「古河の川魚...
うなぎ

うなぎ屋さん探訪358~茨城県猿島郡「荒井川魚店」

茨城県の堺町。利根川沿いに店をかまえて3代目という茨城県猿島郡「荒井川魚店」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪339~茨城県神栖市「保立川魚店」

利根川の河口近く、常磐利根川沿いにある。メインの国道からは離れるので、ナビを頼りに到着。茨城県神栖市「保立川魚店」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪337~茨城県古河市「武蔵屋」

創業は1911年(明治44年)で現在は5代目と店主となる。建物は明治中期の料理屋建築で2011年(平成23年)に改修工事を行い国登録有形文化財に指定されている。茨城県古河市「武蔵屋」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪335~茨城県古河市「和田家茉鈴」

同じ敷地内に気軽に入れるお店をとのことで2008年(平成20年)に茉鈴(マリン)をオープン。茨城県古河市「和田家茉鈴」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎの街 古河

古河でうなぎ?初めて知ったのは、浦和のうなぎまつりでブース出展をしていた。どうにも気になり、古河商工会議所でお話を伺ってきた。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪168~埼茨城県守谷市「舎人亭」

守谷での仕事帰りに立ち寄った舎人亭。駐車場は店の裏側の通沿いにある。茨城県守谷市「舎人亭」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪165~茨城県龍ケ崎市「なか川」

竜ケ崎市のなか川さんへ行こうと思う。雨が激しくなってきた、土地勘がないのでナビが頼りだ。関東鉄道竜ケ崎線、入地駅の近くのようだ。茨城県龍ケ崎市「なか川」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪126~茨城県つくば市「松乃家」

しばらく多忙な日々を過ごし、今日は休日にした。うなぎ貯金も少々あるようなので、筑波までドライブすることにした。もちろん鰻目当てのドライブだ。茨城県つくば市「松乃家」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪119~茨城県土浦市「うなぎの山中」

そうそう、うなぎ屋へ行くんだった。しかしこんなところにうなぎ屋があるのか??また、レンコン畑の悪路をうろうろすることになる。お店らしき広い駐車場に着いたここだ!このあたりから、舗装路だ。茨城県土浦市「うなぎの山中」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪118~茨城県つくば市「大はし」

今年は猛烈に暑い、今日も強烈に暑い。これは、バテないように昼食はうなぎにしなくてはならない(笑)。取手と言えば、牛久。国道6号線を下る。今回は牛久沼国道6号線沿いではなく、牛久沼の北側へ、広大な田園地帯の農道を走り、茨城県つくば市「大はし」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪051~ 茨城県つくば市「三都や」

しかも、この大きさでこの値段はコストパフォーマンス的にもよい。~質と量にこだわり、お値段抑えて・・・~>とメニューに書いてありました。有言実行さすがです。リライトしている2020年現在は閉店となっているそうで残念。長い間お疲れ様でした。御馳走様でした。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪043~ 茨城県龍ケ崎市「鶴舞家」

今年のうなぎ納めをまだしていないことに気付く。では、お子様連れでも気兼ねしない鰻屋さんに行こうということで訪れたのは、うな丼の発祥の地と言われる牛久沼へ。牛久沼湖畔の国道6号線沿いにはたくさんのうなぎ屋さんがありうなぎ街道と言われているのだそうだ。その中でも本日は創業80年以上という川魚料理鶴舞家さんへ。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪040~ 筑波の山麓つくば市「うなぎ村山」

タレは色は濃いが、色の割にはあっさり系甘目のタレである。ごはんの炊き加減がちょっと柔らかめかな、個人的には硬めが好みだ。蒲焼の皮下の脂肪のボリュームがコッテリですごい。こういうの好きだ。特上の肝吸いには肝が二個入っている。
タイトルとURLをコピーしました