静岡県

スポンサーリンク
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪584~皮はパリパリ身はサクサク!!「炭焼うなぎ あおいや(【旧店名】かんたろう)」さん

皮はパリパリの食感。身の表面はサクサク。肉厚の身は噛むと炭火の香りとともに、脂がジュワッとくる。これぞ蒸さない鰻の地焼きスタイル。これの地焼きもお店によっていろいろだから面白いところだ。「炭焼うなぎあおいや」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪583~これぞ鰻地焼き、こりゃスゴイ「炭焼うなぎ加茂」さん

この身の表面のサクサクの中に、甘めのタレが染み込み皮下の脂ど融合しジュワっとしたボリューム感のある蒲焼になっている。身の中はトロトロなのに、熱々だ。この感じだったら特上を注文すればよかった。「炭焼うなぎ加茂」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪586~斬新な取り組み、浜松の期待の新店「高橋屋」さん

皮はパリっと仕上げてあり、肉厚の身は皮下の脂とともにトロトロの食感。上品な風味だ。自然環境に近い状態の池で育った鰻は皮が特徴的だ。厚めの皮だが炭火での焼きによりパリパリに仕上げある。これは鰻の皮好きにはたまらないパンチのあるうなぎだ。上質な脂感に仕上がっている。「高橋屋」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪572~タレがサクサクの身に染み込む美味しさ「中ノ庄」さん

長焼きで炭火でじっくりと焼くのが中ノ庄流、蒸さずに焼きの技術で仕上げる地焼きだ。皮はパリっと、身の表面サクサク、身の中はトロトロに仕上がっている。「中ノ庄」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪569~絶品ひつまぶし!!「かん吉清水店」さん

静岡の吉田産の鰻を皮はパリパリに、身はトロトロと柔らかく仕上げてある。この対比がクセになり美味い。肉厚の蒸さない地焼のパワフルな鰻に合わせるタレは、中部寄りの甘めだが濃すぎずすっきりとした甘さだ。「かん吉清水店」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪541~テイクアウトで美味しい鰻を自宅で「海老仙」さん

サイズは特大サイズ、なかなか肉厚な鰻だ。いつものように電子レンジのトースター昨日で皮側から焼き始める。「海老仙」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪541~かけ流しの舘山寺温泉第4源泉で癒され浜名湖の幸を存分に楽しめる「旅館ふじや」さん

独特な水質を持つ浜名湖ならではの旬の食材のおもてなしと、源泉かけ流しの温泉に癒され、接客も丁寧な気持ちのいい旅館だ。うなぎ好きは一度行ってみていただきたい旅館だ。「旅館ふじや」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪540~鰻のメニューだけで勝負な「うな専」さん

皮下の脂のノリも程よく、タレとのバランスも良い。今日はドライバーなので飲めないが一杯やりたくなる蒲焼だ。「うな専」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪536~若い店主が鰻激戦区に挑戦する三島の新店「うなぎいけだ」さん

ご飯炊き加減も好みだ。蒲焼とタレとご飯のバランスがよい。若い店主が三島の鰻激戦区に挑戦する。「うなぎいけだ」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪485~「ゆるキャン△」というアニメに登場する?「さくめ」

「ゆるキャン△」というアニメの中で鰻屋さんが登場するのだ。最近流行っているアニメの聖地巡礼的なことをちょっとやってみた(笑)。「さくめ」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪475~静岡県清水町「うな繁」

伊豆方面に出張の帰路に三島と沼津の中間あたりの清水町の「うな繁」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪446~静岡県御殿場市「ひろ田」

がっつりうなぎを食べたい気分だ。静岡県御殿場市「ひろ田」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪410~静岡県磐田市「しまごん」

道中は長い、その途中で久しぶりに地焼鰻をいただきたい。静岡県磐田市「しまごん」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

浜名湖 スターウナギ 有限会社フルハシ

有限会社フルハシさんは前身となる「丸秀養魚」を1968年(昭和43年)に創業。現在では静岡県内では最大規模の養殖場なのだそうだ。
うなぎ屋さん

超絶美味い!「浜名湖 スターウナギ」をお取り寄せしてみた。

厳選セレクトされたまさにスターの座に上りつめたウナギだけに与えられる「浜名湖 スターウナギ」の称号。お取り寄せしてみた。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪400~静岡県下田市「小川家」

全体的なバランスの良い、フワトロうなぎでございます。予約の電話が頻繁にかかってくる。地元にも愛される人気店のようだ。静岡県下田市「小川家」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪399~静岡県沼津市「冨久家」

気持ちの良い応対の気さくな店主は三代目なのだそうだ。静岡県沼津市「冨久家」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪398~静岡県沼津市「魚与鰻店」

旧東海道近くの、持ち帰り専門店。うなぎの卸問屋からはじまり現在は三代目なのだそうだ。静岡県沼津市「魚与鰻店」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪397~静岡県伊東市「一鰻」

伊東で一泊する。素泊まりなので、伊東の街で食事をする。ちょっと一杯飲みたい。静岡県伊東市「一鰻」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪396~静岡県伊東市「うなぎのまとい」

伊豆半島を南下し伊東い到着。老舗旅館「東海館」向かいの静岡県伊東市「うなぎのまとい」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪395~静岡県熱海市「lunch itta」

川越線日進駅南口から一つ目の交差点の角にある。さいたま市北区「山水」静岡県熱海市「lunch itta」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

鰻完全養殖研究の最前線2016

国立研究開発法人水産研究・教育機構増養殖研究所ウナギ種苗量産研究センター桑田センター長に話を伺ってまいりました。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪346~静岡県浜松市「大和養魚」

東海道線、舞阪駅と弁天島駅の中間あたりに位置する。「大和養魚」は養殖業だけでなく自社で加工販売まで一貫して行っている。静岡県浜松市「大和養魚」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪340~静岡県浜松市「丸浜」

新幹線改札口からは歩いて3分ほど。こちらは、浜名湖養魚漁業組合の直営店だ。静岡県浜松市「丸浜」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪338~静岡県浜松市「うなぎ割烹康川雄踏店」

こちらは1970年創業の活鰻卸、養鰻、加工の株式会社カワショウの直営店だ。養殖場直営のお店ということだ。静岡県浜松市「うなぎ割烹康川雄踏店」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪333~静岡県三島市「元祖うなよし」

三島と言えばうなぎ。三島でうなぎと言えば。三島で鰻を扱うお店は20軒もあるのだそうだ。静岡県三島市「元祖うなよし」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪323~静岡県浜松市「自笑亭新幹線下りホーム売店 」

続いて浜松停車。1854年(安政元年)創業の自笑亭のうなぎめしをめざす。新幹線売店はやや名古屋寄りの4号車付近。静岡県浜松市「自笑亭 新幹線下りホーム売店 」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪321~静岡県三島市「桃中軒 三島駅新幹線ホーム店」

創業1891年(明治24年)の桃中軒さん。乗車したこだまの三島駅到着時間は午前9時ちょっと前。静岡県三島市「桃中軒 三島駅新幹線ホーム店」さんを探訪する。
うなぎ屋さん

“鰻の街”三島

■三島のうなぎ伝説■三島の街は古くから水の都と言われている。富士山の雪解け水が湧き出し沢山の湧水に恵まれていることから水信仰があったという。
うなぎ屋さん

うなぎ屋さん探訪199~静岡県浜松市「加和奈」

やはり浜松まできたのなら関西風をいただきたい。そして、ノンアルでいいのでビールが飲みたい。創業は1975年(昭和50年)の加和奈に行く。静岡県浜松市「加和奈」さんを探訪する。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました