静岡県

うなぎ

うなぎ屋さん探訪485~「ゆるキャン△」というアニメに登場する?「さくめ」

「ゆるキャン△」というアニメの中で鰻屋さんが登場するのだ。最近流行っているアニメの聖地巡礼的なことをちょっとやってみた(笑)。「さくめ」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪475~静岡県清水町「うな繁」

伊豆方面に出張の帰路に三島と沼津の中間あたりの清水町の「うな繁」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪446~静岡県御殿場市「鰻百撰ひろ田」

がっつりうなぎを食べたい気分だ。静岡県御殿場市「鰻百撰ひろ田」さんを探訪する。
うなぎ

浜名湖食品 うなぎ蒲焼缶詰

昭和9年創業の浜名湖食品。うなぎ蒲焼缶詰は斉藤茂吉が好んでよく食べた缶詰としても知られている。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪410~静岡県磐田市「しまごん」

道中は長い、その途中で久しぶりに地焼鰻をいただきたい。静岡県磐田市「しまごん」さんを探訪する。
うなぎ

浜名湖 スターウナギ 有限会社フルハシ

有限会社フルハシさんは前身となる「丸秀養魚」を1968年(昭和43年)に創業。現在では静岡県内では最大規模の養殖場なのだそうだ。
うなぎ

超絶美味い!「浜名湖 スターウナギ」をお取り寄せしてみた。

厳選セレクトされたまさにスターの座に上りつめたウナギだけに与えられる「浜名湖 スターウナギ」の称号。お取り寄せしてみた。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪400~静岡県下田市「小川家」

全体的なバランスの良い、フワトロうなぎでございます。予約の電話が頻繁にかかってくる。地元にも愛される人気店のようだ。静岡県下田市「小川家」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪399~静岡県沼津市「冨久家」

気持ちの良い応対の気さくな店主は三代目なのだそうだ。静岡県沼津市「冨久家」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪398~静岡県沼津市「魚与鰻店」

旧東海道近くの、持ち帰り専門店。うなぎの卸問屋からはじまり現在は三代目なのだそうだ。静岡県沼津市「魚与鰻店」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪397~静岡県伊東市「一鰻」

伊東で一泊する。素泊まりなので、伊東の街で食事をする。ちょっと一杯飲みたい。静岡県伊東市「一鰻」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪396~静岡県伊東市「うなぎのまとい」

伊豆半島を南下し伊東い到着。老舗旅館「東海館」向かいの静岡県伊東市「うなぎのまとい」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪395~静岡県熱海市「lunch itta」

川越線日進駅南口から一つ目の交差点の角にある。さいたま市北区「山水」静岡県熱海市「lunch itta」さんを探訪する。
うなぎ

鰻完全養殖研究の最前線2016

国立研究開発法人水産研究・教育機構増養殖研究所ウナギ種苗量産研究センター桑田センター長に話を伺ってまいりました。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪346~静岡県浜松市「大和養魚」

東海道線、舞阪駅と弁天島駅の中間あたりに位置する。「大和養魚」は養殖業だけでなく自社で加工販売まで一貫して行っている。静岡県浜松市「大和養魚」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪340~静岡県浜松市「丸浜」

新幹線改札口からは歩いて3分ほど。こちらは、浜名湖養魚漁業組合の直営店だ。静岡県浜松市「丸浜」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪338~静岡県浜松市「うなぎ割烹康川雄踏店」

こちらは1970年創業の活鰻卸、養鰻、加工の株式会社カワショウの直営店だ。養殖場直営のお店ということだ。静岡県浜松市「うなぎ割烹康川雄踏店」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪333~静岡県三島市「元祖うなよし」

三島と言えばうなぎ。三島でうなぎと言えば。三島で鰻を扱うお店は20軒もあるのだそうだ。静岡県三島市「元祖うなよし」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪323~静岡県浜松市「自笑亭新幹線下りホーム売店 」

続いて浜松停車。1854年(安政元年)創業の自笑亭のうなぎめしをめざす。新幹線売店はやや名古屋寄りの4号車付近。静岡県浜松市「自笑亭 新幹線下りホーム売店 」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪321~静岡県三島市「桃中軒 三島駅新幹線ホーム店」

創業1891年(明治24年)の桃中軒さん。乗車したこだまの三島駅到着時間は午前9時ちょっと前。静岡県三島市「桃中軒 三島駅新幹線ホーム店」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎの街 三島

■三島のうなぎ伝説■三島の街は古くから水の都と言われている。富士山の雪解け水が湧き出し沢山の湧水に恵まれていることから水信仰があったという。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪199~静岡県浜松市「加和奈」

やはり浜松まできたのなら関西風をいただきたい。そして、ノンアルでいいのでビールが飲みたい。創業は1975年(昭和50年)の加和奈に行く。静岡県浜松市「加和奈」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪198~静岡県浜松市「かんたろう 蜆塚店」

住宅街の細路地を入るところ行き過ぎ。大回りをして細路地に入り、かんたろう蜆塚店発見。駐車場は店の横、急こう配で車庫入れ。静岡県浜松市「かんたろう 蜆塚店」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪197~静岡県浜松市「うなぎ家曳舟」

東海道三大関所気賀関所、竜ヶ岩洞などを見学。その途中、気賀駅付近のうなぎ曳舟に寄る。都田川のほとり、駐車場は広め。静岡県浜松市「うなぎ家曳舟」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪196~静岡県浜松市「うな修」

うなぎ浜名湖やさんで養殖現場を見学させていただきお土産に白焼きを購入したときの店員さんにおススメの鰻屋さんを聞いてみた。舘山寺周辺で何軒か教えていただき、そのうちの一軒に行くことにする。店員さんによると「うな修さんは裂くところからやるから待ちますよ」と。大丈夫、待つのは苦ではないですから。地元の人の情報が一番信頼できたりするのだ。静岡県浜松市「うな修」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪195~静岡県浜松市「鰻料理専門店 曳馬野(ひくまの)」

遠州鉄道第一通り駅から西へ居酒屋などが集まる繁華街方面へ。しにせ通りを歩くと、左手になんとも昭和レトロな店構えのうなぎ曳馬野(ひくまの)がある。店内も見えないので、ちょっと入りにくい雰囲気はあるが一杯飲みたい、ビールが飲みたい。静岡県浜松市「鰻料理専門店 曳馬野」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪194~静岡県浜松市「八百徳 本店」

浜松駅北口の広小路をまっすぐ行くと大きなうなぎ八百徳の看板が出てくる。入口のショーケースを覗いてみる。お櫃うなぎ茶漬けが売りのようだ。創業は1909年(明治42年)。静岡県浜松市「八百徳 本店」さんを探訪する。
静岡県

散歩録010 うなぎの街、浜松の街散歩

浜松の鰻の養殖は1891年(明治24年)に原田仙右衛門が新居町で行ったのが始まり。当時は天然鰻を大きく育てて出荷するスタイル。1900年(明治33年)には深川で養鰻を試みた服部倉次郎が浜松舞阪で養殖を始める。うなぎの街、浜松の街散歩
うなぎ

美味しいもの探訪027~静岡県浜松市「うなぎパイファクトリー春華堂」

春華堂は1887年(明治20年)浜松の露店の菓子屋として創業。うなぎパイは1961年(昭和36年)に登場。うなぎエキス、ガーリックを調合したパイ菓子だ。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪193~静岡県浜松市「うなぎ浜名湖や 丸徳養魚場」

うなぎは大好物である。 愛知県に出張の際、そうだ浜名湖行こうと思いついた。そしてせっかく浜松まで行くのだから養殖場も見てみたい。ちょうど、池入れの時期だ。しかも鰻稚魚不良が続いている養鰻業はどうなっているのか、どうにも気になってしま...
タイトルとURLをコピーしました