スポンサーリンク
うなぎ

うなぎ屋さん探訪~創作鰻料理に魅了されての再訪「川昌本店」さん

店主の飯塚氏は常に美味しいものの探求をしている、そして他店ではやらないようなオリジナリティを追及している。今回も新しい創作蒲焼ができたとのことでドヤ顔でやってきた。「川昌本店」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪523~創業が1872年(明治5年)という栃木市の超老舗「むさし家」さん

日光例幣使街道の宿場町として栄えた栃木市にある創業が1872年(明治5年)という栃木の超老舗「むさし家」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪522~うな串で一杯やるのはホント久しぶりだ「うなぎや せきの」(【旧店名】二代目串長)さん

白焼き、しっかり蒸されてトロトロだが、鰻の香りや旨味はしっかりしている。シンプルに岩塩ワサビでいただきたい。「うなぎやせきの」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪521~新仲見世近くの1926年(大正15年)創業の浅草の老舗「小柳」さん

新仲見世近くのいわゆる観光地だが、おサイフにも優しく下町のアットホームな雰囲気で癒される浅草の老舗「小柳」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪519~蒸さない地焼き店の東京進出がブーム!?「炭焼うな富士有楽町店」さん

やっと行けた!名古屋らしく皮はパリッと身はサクサク。甘め濃厚なタレとパワフルな鰻がよく合う。「炭焼うな富士有楽町店」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪520~炭火焼鰻屋さんの新店「炭火焼鰻さと中」さん

海外の厳選した養殖場からその時期にうまい鰻だけを厳選して炭火で焼き上げる「炭火焼鰻さと中」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪517~成田山新勝寺参道の老舗鰻屋さんのひとつ「菊屋」さん

浅蒸しの蒲焼、脂を完全に落とし切らない、脂ののった秋鰻の美味しさと炭火の香りを楽しめる、うな重だ。「菊屋」さんをを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪518~「うな丼」伝説のある牛久沼で鰻を食う「うなぎ川魚料理伊勢屋」さん

牛久沼というと、うな丼発祥の地として都市伝説的に知られている。あの大久保今助の話だ。「うなぎ川魚料理伊勢屋」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪516~川魚料理は奥が深い「鮒のアライ」を初めていただいた「小松園」さん

古河市のことを知っていただきたいという郷土愛と鰻を楽しく美味しくいただいてほしいという鰻愛。愛溢れる小倉さんなのでございます。「小松園」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪515~関西風と関東風の食べ比べができる「うなぎ おがわ 我孫子店」さん

店主は若く探求心も旺盛。川魚問屋出身で鰻については知り尽くした店主だ。問屋時代に自分で鰻を焼き、焼き方を思考錯誤してきたのだそうだ。「うなぎ おがわ 我孫子店」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪u514~超絶ファットな重厚系ボリューム満点鰻様をいただく。栃木県佐野市「松しま」さん

先代の和食店を継ぎ、鰻だけで勝負している40代の若い店主だ。これだけの太物鰻の骨を焼き切るのは大変だろう、やはり全力で小骨を抜いているのだそうだ。「松しま」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ納めは洋風フレンチテイストで「入谷鬼子母神門前のだや」さん

和にも洋にもなる鰻の素材を生かした創作料理がいろりろ誕生してくるのが楽しみだ。今夜は洋風フレンチの鰻料理を楽しませていただいた「入谷鬼子母神門前のだや」さん。
うなぎ

鰻友さんにお誘いいただき鰻の話に花が咲くランチ鰻「わたべ(和多遍)」さん

鰻友さんに誘われて昼から鰻の話で盛り上がる〆のうな重は変わらずの飲み物級のトロトロ加減「わたべ(和多遍)」さんで癒される。
うなぎ

気の合う鰻友との鰻忘年会の〆は名物うなぎラーメン「八べえ」さん

三河一色産の青うなぎがあるというので、白焼きと蒲焼でお願いした。なるほど一色産はわかりやすい、脂がしっかり、身のお味も濃厚だ。「八べえ」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪513~鰻は飲み物かと思うくらいトロトロの食感「甲州うなよし」さん

いろいろなタイプの席もあり、うなぎ以外のメニューも充実していて三世代会食など様々なシーンに対応できそうだ。「甲州うなよし」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪512~栃木県の鹿沼で美味い地焼きの鰻がいただけるとは!!「土用亭」さん

地焼きうな重がある!身も皮も柔らかく、肉厚でややプリッとした身からはジュワジュワと身の中の脂が染み出る感じがする。うなぎ本来の旨味エキスをいただくのだ。「土用亭」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪511~ボリューム感のある一色産の鰻「八千代うなぎ蒲焼店」さん

基本的に夏場のうなぎ屋さんは混み合うので控えることが多いが、たまにどうにも食べたくなる時ぐある。それが今日らしい。昼時を目指して、以前より気になっていた寄居町の「八千代うなぎ蒲焼店」さんを探訪することにする。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪510~大井川のブランド鰻、「共水うなぎ」を上質な空間でいただく「龜屋一睡亭」

江戸時代から続く和菓子屋さんから料理屋へと業態変更した。「共水うなぎ」をいただきたく上野の老舗「龜屋一睡亭」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪509~千葉県野田市の鰻加工所がある「うなぎ日本一本店」さん

日本一で鰻を販売していることは知っていたが焼き鳥屋チェーンと思って見向きもしていなかったのだが、ふと日本一のホームページを見て興味が湧いてきた。「うなぎ日本一本店」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪508~三代目の若い店主のこだわりの蒲焼をいただく「小福」さん

1975創業で現在は三代目。身もあつく皮下の脂ノリあるうなぎだ。しっかり蒸しの焼き浅めだが身の表面をサクッと仕上げてある「小福」さんを探訪する。
東京都

うなぎ屋さん探訪507~深蒸しで焼きは浅めなシンプルなうな重「ふかわ」さん

館林で仕事で訪問、昼過ぎに昼食の場を探すべく暑い中館林の街を散策していて偶然出会ったお店「ふかわ」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪506~緑の中で肉厚で柔らかなうな重をいただく「うなけい」さん

身はやや弾力あり柔らかくもトロトロとろける食感だ。宮崎産の3.5Pサイズを使用しているとのこと。都内で食べたら7000円くらいしてしまうだろうに4900円で楽しめるのはリーズナブルだ。「うなけい」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪505~しっかり蒸されて肉厚の鰻がトロトロ食感に「こんどう」さん

しっかり蒸され、身もトロトロに仕上げてある。身の表面は備長炭の火力でやや強めの焼きに仕上げてある「こんどう」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪504~天然のなまず、ふな、うなぎ等の川魚と地元野菜が楽しめる「川魚・郷土旬菜うおとし」

板倉町は“群馬の水郷”と呼ばれ、天然のなまず、ふな、うなぎ等の川魚と地元野菜を提供するお店として1897年(明治30年)創業より地元に愛されるお店として営業している「川魚・郷土旬菜うおとし」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪503~肉厚の坂東太郎をいただく、ワイルドだが上品なうな重「御食事処スズキ」さん

入口横の水槽には鰻がたくさん入っている。しかも銚子のブランド鰻忠平さんの「坂東太郎」だ。「御食事処スズキ」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪502~古きを想像しながら蔵でいただく老舗のうな重「柏屋四郎右衛門」

重厚感のあるお店の入り口、1879年(明治12)に建てられたという蔵を再生したという店内でいただく「柏屋四郎右衛門」を探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪501~まだまだ新店、新装開店2年モダンに洗練された「菊もと」さん

平日のランチ時、先代が鮒忠として営業していたところ2年前に菊本として営業を開始したモダンに洗練された「菊もと」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪500~ランチ・定食の看板とうなぎ蒲焼の昇を発見「さわだや」さん

出張先の新潟は十日町でたまたま通りかかったお店「さわだや」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪499~前橋で唯一、浜名湖漁協と提携している「上州和彩 うなぎ よしもと」さん

鰻は浜名湖産にこだわる前橋で唯一、浜名湖漁協と提携している「上州和彩 うなぎ よしもと」さんを探訪する。
うなぎ愛好会

うなぎ探訪498~「霞ヶ浦の天然鰻漁に密着④いよいよ霞ヶ浦天然鰻のうな丼を食す」

霞ヶ浦の漁業権を保有する霞ヶ浦での天然鰻漁師三代目「麦わら村長」さんの天然鰻漁に密着取材する。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました