うなぎ屋さん探訪333~静岡県三島市「元祖うなよし」

うなぎは大好物である。

三島と言えばうなぎ。三島でうなぎと言えば。三島で鰻を扱うお店は20軒もあるのだそうだ。わりと知られているお店としては、元祖うなよし、うなぎすみの坊本町店そして桜家。

うなぎすみの坊は店名を替えたようだ。以前は、うなよし本町店だった。「元祖うなよし」と「うなよし本町店」については元々、うなよし本町店の場所で現在の元祖うなよしが創業し営業していた。店舗が手狭になり、現在の元祖うなよしの場所へ移転。うなよし本町店は暖簾分けされ、うなよし本町店として営業。元祖うなよしはその名のとおり元祖として移転先で営業。その後、うなよし本町店はうなぎすみの坊と改名。となかなかややこしい感じではあるが。暖簾分けなので、両店の蒲焼スタイルは似ている。

今回は三島のうなぎでは中心的な存在である、元祖うなよしへ。黄色い建物が印象的だ。自前の広い駐車場があるのは嬉しい。入口に、混雑時は相席となるとの張り紙がある。

店内は、中央にテーブル3卓18席、カウンター6席。左右に小上がり席24席ほど。店員さんが席に案内してくれる。開店30分後だが6割ほどの席が埋まっている。お一人様はカウンター席へのご案内なのだろうが既にカウンター席はいっぱい。テーブル席での相席となる。

メニューはうなぎ丼並(一匹)3300円から。上(1.5匹)4850円とメニューはシンプル。刺身がつくうな丼定食もある。他には肝佃煮、骨せんべい、ねぎぬたなどがある。

待つこと10分、うな丼登場。皮はややパリッとしていて、身の表面もサクッと仕上げてある。身はやや厚めでホクッと柔らかい食感。
タレは甘辛やや甘め、しょうゆの風味がきいてやや濃いめ。やや強めの焼で醤油の香りがひきたつ。

口が広めの丼に大きめの蒲焼がのるスタイルは見た目豪快。濃いめのタレでご飯もすすむ。ガッツリいただけるうな丼だ。

店を出るころはちょうど正午。平日なのに既にお客さんが並んでいる、人気店だ。

探訪日:2015.05

「元祖うなよし」
所在地:静岡県三島市緑町21-6
定休日:木曜日

・お店のホームページ
http://www.unayoshi.co.jp/

・食べログでのお店の詳細情報。
https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22000128/

ランキングに参加しています、ポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

うなぎ静岡県
スポンサーリンク
シェアする
UNATANをフォローする
うなぎ愛好会~美味しいもの探訪

コメント

タイトルとURLをコピーしました