うなぎ屋さん探訪511~ボリューム感のある一色産の鰻「八千代うなぎ蒲焼店」さん

八千代うなぎ蒲焼店
八千代うなぎ蒲焼店

うなぎは大好物である。

基本的に夏場のうなぎ屋さんは混み合うので控えることが多いが、たまにどうにも食べたくなる時ぐある。それが今日らしい。

八千代うなぎ蒲焼店

八千代うなぎ蒲焼店

昼時を目指して、以前より気になっていた寄居町の「八千代うなぎ蒲焼店」さんを探訪することにする。駅そばの有料駐車場に車を駐車して駐車場完備じゃないのか?と思いながらしばし歩く。店の外でもいい香りがしてくる、昭和な感じの懐かしいお店の外観。

八千代うなぎ蒲焼店

八千代うなぎ蒲焼店

店内は座敷席のみ。座卓が8卓。昔の南千住の尾花を思い出す雰囲気だ。12時過ぎには満席となる。

八千代うなぎ蒲焼店

八千代うなぎ蒲焼店

メニューはとてもシンプル。グレードで鰻の量が違うとのこと。竹で一尾分となり夏場は松は無いとのこと。松をやっちゃうと皆にうなぎがいきとどかなくなるとのことで皆に楽しんでもらうために松はやっていないとのこと。夏場に集中するうなぎ需要も考えものだ。来るお客さんにも夏場はずらすとお店も空いていると案内している。

八千代うなぎ蒲焼店

八千代うなぎ蒲焼店

待つ事60分、竹登場。店内も混雑しているのとテイクアウトのあ客さんの分もあるので通常より時間がかかってしまうようだ。

八千代うなぎ蒲焼店

八千代うなぎ蒲焼店

肉厚で見た目からしてボリュームが感ある。良く蒸し焼き浅いが表面をしっかり焼てあり肉厚の身がトロトロな食感になっている。

愛知県の一色産のうなぎを使用しているそうだ。ボリューム感のある一色産の鰻には鰻のボリュームに負けないような甘いたれが合う。ご飯盛りは多めだ。うなぎは飲み物なボリュームのあるうな重でございます。ガッツリ食べたい人は是非に。

八千代うなぎ蒲焼店

八千代うなぎ蒲焼店

現在は三代目が継いでいる、接客は次男さんでとても丁寧な接客だ。「お元気でまた会いましょう」と次男さんが店の外までお見送りをしてくれる。その時に初めて駐車場があることを知る。「和っさん」という飲食店の前が町営の駐車場なのだそうでそこに駐車できるようだ。車で行かれる時は、こちらの「和っさん」の住所を参考ください。
“埼玉県大里郡寄居町寄居570”

【うなぎ愛好会ブログ】より
https://unatan.net/

※どうかチャンネル登録をお願いいたします。

「八千代うなぎ蒲焼店」
所在地:埼玉県大里郡寄居町寄居576
定休日:月曜日

・お店のホームページ

・食べログでのお店の詳細情報。

八千代うなぎ蒲焼店うなぎ / 寄居駅玉淀駅

昼総合点★★★★ 4.0

>>いつもご覧いただき、感謝申し上げます。
ブログランキングに参加致しました!
ポチッとしていただけますと嬉しく思います。
他のうなぎ系のブログもご覧になれます。

ランキングに参加しています、ポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

うなぎ埼玉県
スポンサーリンク
シェアする
UNATANをフォローする
うなぎ愛好会~美味しいもの探訪

コメント

タイトルとURLをコピーしました