うなぎ屋さん探訪452~和食親善大使のお店、器からのトータルプロデュース六本木「三宅輝」

うなぎは大好物である。

今回は鰻ではない、いや鰻でもある。コロナ禍の2020年8月に六本木にオープンした農林水産省より「日本食普及の親善大使」に任命された「三宅輝」が腕を振るう店、名前が店名「三宅輝」さんを訪問した。

三宅氏との出会いは岐阜県の多治見だった。三宅氏の実家は、岐阜県多治見の美濃焼の窯元であり、多治見で鰻を扱うお店うなぎ日本料理「優月」を探訪した時の事だ。「優月」でのレポートは過去記事をご参考ください。

三宅氏は「料理の鉄人」にも出演した大田忠道氏に師事し数々の有名旅館にて料理長を務めているという日本料理の料理人だ。その彼が東京は六本木に店を出したという。これは行ってみたい。事前予約は必須だ、ちょっとわがままを言って鰻をちょっと多めに使うコースにしていただいた。

六本木の駅からはわりと近いのだが路地を歩いていくが店の看板が見当たらない。見えにくいところにある。六本木の隠れ家的お店は控えめに看板を出すものだ。

店内は見事な一枚板のカウンター席と個室。個室は防音加工してあり密会にも利用できそうだ。本日、いただく鰻様。

湯葉と菜の花。

造り。

椀物。器も撮ってくださいよという三宅氏。器も三宅氏自身がプロデュースし制作したものだ。

鰻を裂く三宅氏。動画でも公開中。

松茸とマイタケのホイル焼き

白焼き。シンプルに塩と山葵

自家製キャビア、雲丹入り寿司飯、胡麻。これは美味。

「輝」印の自家製キャビア。塩分濃度などを微妙にオリジナル調整している。絶妙だ。

シャトーブリアンステーキ、安納芋、エビ芋、クワイ素揚げ

春菊のおひたし

宍道湖の天然鰻の地焼鰻丼。

デザート。
まさに旬の高級食材の宝庫、良い経験になった。。確かな食材を確かな技術で楽しませてくれる、「三宅輝」特別な日などいろいろなシチュエーションで利用できそうだ。

https://www.youtube.com/watch?v=itmrSQaG7nI
※どうかチャンネル登録をお願いいたします。

探訪日:2020.11

「三宅輝」
所在地:東京都港区六本木3-8-12 六本木JTビル 1F
定休日:日曜・祝日

・お店のホームページ
https://www.facebook.com/roppongi.miyake.akira

・食べログでのお店の詳細情報。

三宅輝懐石・会席料理 / 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅
夜総合点★★★★☆ 4.1

>>いつもご覧いただき、感謝申し上げます。
ブログランキングに参加致しました!
ポチッとしていただけますと嬉しく思います。
他のうなぎ系のブログもご覧になれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました