米作りのお手伝いをすることになった。その1

美味しいうな重には欠かせないご飯。
ご飯はようはお米って実際のところどうやってできているだろう?
という疑問を解消するため、お米作りのボランティアをしてみることにする。

作業初日。

田植えの準備。
手で苗を植えるため、間隔の目安となるロープを作る。
約50メートルあるロープに30センチごとに目印をつける。
そのロープを八本分つくる。

つづいて、田んぼの畦道の草刈り。
エンジン草刈機の使い方を教えてもらい、さっそく作業。
意外と腰にくる。エンジンの振動で手も痛い。

自分で草刈りをした畦。なかなか慣れない下手くそかも。

この草刈り作業の意味は
田んぼの風通しを良くするためだそうだ、風通しが悪いと虫などが発生してしまうのだとか。
そして草は抜いてはいけない、刈らなくてはいけない。
畦道の強度を維持するため、根を残すのだそうだ。
根っこから抜いてしまうと畦が崩れてしまうのだそうだ。

初日、帽子もかぶらず軽装で登場した。
農作業には、帽子と水は必需品のようだ、熱中症が怖いところ。

あさってに田植えを控えての代掻き作業、タイミングが難しいのだそうだ。

代かきとは、田んぼの土と水とをカクハンして
田んぼ全体を”おしるこ”状態にすることなのだそうだ。

用水路から田んぼに水を入れる。
トラクターで固まった土を粉砕して粘土状態。
機械の行き届かないところは、人力でトンボなど農具をつかって
平らにならす。初めて田んぼに足を入れる。

田んぼの土は粒子が細かい粘土状だ。
長年にわたり石など丁寧に取り除き、良質の土を作るのだそうだ。
その年月は100年とかの年月らしい。
田を荒れさせてしまうと、再開するまで大変だというのはこういうことらしい。
マメに手入れをして土を良質の状態を保つ苦労があるようだ。

あさっての田植えまでに排水して土の状態で田植えをするそうだ。

ザリガニ、カエルを発見。
特にザリガニは畦に穴をあけてしまい、水がもれるのだそうだ。

明日の田植えの準備。

田圃を見ると、前日たっぷり入れたはずの水が引いている。
畦の下に水路ができて水が漏れだしたようだ。
田んぼ側から見た穴の大きさは、直径5センチほどだろうか。
ここから水が入り、排水路側の畦から水がシミ出て流れ出したようだ。
どうやらモグラの仕業だとのこと。
泥で穴を埋めて仮復旧、もう一箇所、水漏れを発見。
こちらは、水圧で畦もコンクリート壁の隙間から水が漏れだしたようだ。
土を盛って修復する。

稲の苗。
ポット苗と言うらしい。
簡単にパレットから外すことができる。
これをつかって一部を手植えするのだそうだ。

田植え当日は、雨が降り続き、写真を撮るどころではなったので
後日、田植え後の田んぼを見に行った。

手植えしたわりには、列がそれっているではないですか。
これから夏までの作業は、過酷な草取り作業が待っているのだそうだ。

ランキングに参加しています、ポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

美味しいお米作り
スポンサーリンク
シェアする
UNATANをフォローする
うなぎ愛好会~美味しいもの探訪

コメント

タイトルとURLをコピーしました