うなぎ屋さん探訪027~ 東京銀座「ひょうたん屋 1丁目店」

うなぎは大好物である。

以前より気になっていた、銀座のひょうたん屋。
なんでも2008年現在、東京では数少ない、蒸さない地焼きの鰻が味わえるお店でございます。
昭和21年(1946年)創業。2008年の秋に移転して間もなくの探訪だ。

お店は移転直後なので新しくキレイな店内。
カウンター席と奥にはテーブル席2.5卓でけして広くは無い。
昼時11:30頃に到着。
既にカウンターはいっぱい、奥のテーブル席に案内される。

楽しみにしていたので、迷わず特上を注文。
金も無いくせに調子に乗って特上なんて頼みやがってと心の声。
しかし興味と好奇心、そして食い意地には勝てない。

待つこと10分ほどで、うな重登場。
お重からはみだした鰻からは、備長炭で焼いた香ばしい香りがする。
このビジュアル俺が鰻だぞと言わんばかりの主張。
関東風の蒸した鰻はお布団のようにふんわり優しく包み込む雰囲気だが
蒸さない関西風の地焼きは鰻が主張する。

うなぎは愛知一色産を使用しているようだ。
しっかり歯ごたえの皮。身は超肉厚でプリプリとした食感ながら
一口ごとに広がる脂のジューシー感はボリューム満点である。
タレは、甘系でもなく辛系でもなく、塩系?
ボリューム満点のうなぎにバランス良い。

なるほど、関東風のうなぎとはまったく別物である。
蒸さないで焼く関西風うなぎ。
身の脂もいっしょに味わう、鰻本来の味なのかもしれません。
しかしこれは好みの問題。
長年、関東風のうなぎに慣れ親しんでいると好き嫌いが分かれるところでしょう。

ひょうたん屋さんは銀座6丁目にもお店があるいつか行くことになるだろう。
ガツガツ食べてしまう、うな重で御座います。
また、行きたいお店である。

探訪日:2008.10

「ひょうたん屋 1丁目店」
所在地:東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル1F
定休日:日曜・祝日・第2・第4・第5土曜

・お店のホームページ

・食べログでのお店の詳細情報。
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002434/

ランキングに参加しています、ポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

うなぎ東京都
スポンサーリンク
シェアする
UNATANをフォローする
うなぎ愛好会~美味しいもの探訪

コメント

タイトルとURLをコピーしました