うなぎ屋さん探訪547~神楽坂で正統派江戸前関東風の蒲焼を楽しむ「うなぎ川勢(かわせい)」さん

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」
飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

うなぎは大好物である。

鰻専門のブログなどうぃやっていると鰻屋さんにご一緒したいというお誘いをいただくことがある。今回はせっかくのお誘いを受けたので、普段は昼の鰻屋さんに出没することが多いのだが夜の鰻屋さんに出没してみる。飯田橋の「うなぎ川勢(かわせい)」さんを探訪する。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

店舗外観は神楽坂のマッチした和風テイスト趣のある入り口だ。入り口に掲示されている写真入りのメニューに目を通してから入店。いつもは予約などしないのだが金曜日の夜だし単身ではないので事前に予約をしておいた。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

季節も暖かくなり人でも増えてきたのか、本日の夜営業は満席とのこと。田舎民の私は神楽坂周辺の歩道の人口密度の高さにびっくりしてしまう。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

店内は半地下のような感じで数段の階段を下る。仕切られた半個室的な客席で構成された店内だ。一番奥のテーブル個室に案内していただいた。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

久しぶりの都内での会食、一杯やりたい。生ビールは無く、瓶ビールはエビスの中瓶とスーパードライの大瓶だ、このところ瓶ビール派なので全く問題は無い。お通しはモズクととろろ。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

店員さんは和服で接客している、これだけでも高級感を感じる。後に分かった事だがこの方が女将さんだった美人女将さんが気持ちよい接客をしてくれる。鰻料理は当然時間がかかるのでいくつか注文しておこう。うまきと特選白焼きを注文。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

肝焼きは売り切れとのことで残念。すぐに出来るおつまみとして、ソラマメも注文。こういうシンプルなおつまみが好きだ。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

うまき。ふわふわのだし巻き卵によく蒸されたトロトロの鰻が入る。癒される一品だ。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

最近ビールの量が飲めなくなった、年のせいかなあ。でハイボールを注文する。川勢さんではグラスは鉄製のグラスを使用している。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

いろいろお話をしているうちに、特選白焼き登場。川勢さんでは静岡県吉田産の鰻にこだわっている。入荷の状況で九州産の鰻を使用することもあるのだそうだ。しっかり蒸された白焼き。焼きは弱め。鰻の甘い香りが感じられる白焼きだ。ワサビ醤油でいただきます。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

〆にはうな重をいただきたい。うな重松をご飯少なめでお願いした。飲兵衛にはこのくらいのご飯の量がちょうどよい。しっかり蒸されて備長炭で丁寧に焼かれた蒲焼だ。

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

飯田橋「うなぎ川勢(かわせい)」

築地の老舗鰻屋さんの流れを汲むといううなぎ川勢さん。老舗感のある正統派江戸前関東風の蒲焼はトロトロ柔らかな身に醤油香る辛めのタレが絡む。贅沢なおつまみにもなりそうな蒲焼でございます。都内での鰻会食におすすめの一軒だ。

【うなぎ愛好会ブログ】
https://unatan.net/

※どうかチャンネル登録をお願いいたします。

 

「うなぎ川勢(かわせい)」
所在地:東京都千代田区富士見1-7-5 富士見ヒルズ1F
定休日:土曜日、日曜日、祝日

・お店のホームページ
https://a672400.gorp.jp/

・食べログでのお店の詳細情報。

うなぎ川勢うなぎ / 飯田橋駅九段下駅水道橋駅

夜総合点★★★★ 4.0

>>いつもご覧いただき、感謝申し上げます。
ブログランキングに参加致しました!
ポチッとしていただけますと嬉しく思います。
他のうなぎ系のブログもご覧になれます。

ランキングに参加しています、ポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

うなぎ東京都
スポンサーリンク
シェアする
UNATANをフォローする
うなぎ愛好会~美味しいもの探訪

コメント

タイトルとURLをコピーしました