うなぎ屋さん探訪482~中部系の鰻屋さんの東京出店ラッシュ!「うなぎ四代目菊川ムスブ田町店」

うなぎは大好物である。

昨今、中部系の鰻屋さんの東京出店が目立っている。いわゆる蒸さない鰻であり地焼と言われるものであるが、鰻は蒸すという食文化の東京で中部系地焼が受け入れられてきたのだろうか。個人的には中部系のパリッとサクッとジューシーな蒲焼が好きだ。2020年9月オープンの老舗の鰻問屋の直営店「うなぎ四代目菊川ムスブ田町店」を探訪する。

うなぎ四代目菊川

田町駅を降りるとビルジャングル。うなぎ四代目菊川さんはムスブ田町という商業施設に入っているようだ。ビル街はなんだか方向感覚が狂うので苦手だ、こういう分かりやすい看板があると助かる。

うなぎ四代目菊川

なんとかビルダンジョンを攻略してお店にたどり着いた。外から調理場も丸見え、モダンで未来的な外観だ。店内はカウンター5席とテーブル席と個室席もあるようだ。カウンター席の前には焼き場でライブキッチンとなっている。

うなぎ四代目菊川

三尾分の鰻を6本の鉄串で焼きあげていく。注文を受けてから裂き焼きの調理を始めるとのこと裂きたて焼きたては嬉しい。こちらのお店の名物は「一本鰻」静岡産の3Pサイズを使用しているとのこと。ビジュアル的にも目をひく。うな重バージョンと薬味などでいただくひつまぶしバージョンがある。

うなぎ四代目菊川

待つこと15分「一本鰻」のうな重が登場。重箱のサイズも細長く陶器でできた器だ。濃厚な香りだ。肉厚な身は脂のノリもよく、皮はパリッと、身はトロけるように柔らかい。

うなぎ四代目菊川

ザ中部の鰻ですと堂々としたものだ。タレは甘辛甘め濃厚。鰻のボリューム感に勝てるタレ。関東風なよく蒸された飲み物のようなトロトロ鰻も好きだが、あふれ出る身の脂感と濃厚なタレをまとったパリッとサクッとした鰻もやはり美味い。中部からの東京進出の鰻屋さんは今後も探訪していきたい。

「うなぎ四代目菊川ムスブ田町店」
所在地:東京都港区芝浦3-1-1 msb Tamachi田町ステーションタワーN 1F
定休日:年中無休

・お店のホームページ
https://yondaimekikukawa.com/

・食べログでのお店の詳細情報。

うなぎ四代目菊川 ムスブ田町店うなぎ / 田町駅三田駅芝浦ふ頭駅
昼総合点★★★★☆ 4.2

>>いつもご覧いただき、感謝申し上げます。
ブログランキングに参加致しました!
ポチッとしていただけますと嬉しく思います。
他のうなぎ系のブログもご覧になれます。

ランキングに参加しています、ポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

うなぎ東京都
スポンサーリンク
シェアする
UNATANをフォローする
うなぎ愛好会~美味しいもの探訪

コメント

タイトルとURLをコピーしました