うなぎの街 古河

古河でうなぎ?初めて知ったのは、浦和のうなぎまつりでブース出展をしていた。どうにも気になり、古河商工会議所でお話を伺ってきた。

古河市は利根川、渡良瀬川と水に恵まれた街だ。古くは城下町、水運を活用した商都として栄えてきた。川魚を食べる文化もあり、保存用として甘露煮にしたのだそうだ。これが古河の伝統的な川魚料理として今に残る。

街中には甘露煮の専門店がいくつかあり鮒の甘露煮は古河の特産となっている。その川魚料理の伝統を広めたいという思いで「浦和のうなぎを育てる会」の相談をしながら浦和うなぎ祭りでアピールしているという。そして、鰻の新しい商品開発に取り組んでいる。

「道の駅まくらがの里こが」での甘露煮の販売コーナー。もちろん鰻屋さんもあるのだが
鰻専門店としては数件だが割烹料亭やレストランとして営業している。

これは道の駅で販売されている、うなぎ天ぷら「川松」さんのうなちまき。

肉厚な蒲焼の姿もあり、タレごはんとよく合う。これを作っている「川松」さんは、今日は定休日ということで、お店を訪問することはできずに残念。

おなじく「川松」さんの「うなぎ屋が作ったあさりめし」ネーミングがよい、つい買ってしまったが、これがまた、旨い。

これも「川松」さんの鰻のタレで作った焼豚。すごく気になってしまう。こんな魅力的な商品をつくる「川松」さんへは、いつか訪問してみたいと思う。

2015.05

コメント

  1. […] 「古賀の川魚料理を広める会」についてはこちらの記事をご参照。 […]

  2. […] 引越しをしたことで古河市がわりと近所になった。古河市というと城下町でもあり鯉の甘露煮が名物である。そうして昨今は浦和のうなぎ祭りにも古河のうなぎとしてブースを出すほどうなぎの街アピールをしている。「古河の川魚を広める会」についてのレポートはこちら。 […]

  3. […] 城下町古河は利根川や渡良瀬川と水に恵まれ水運を活用した商都として栄えてきた。また川魚の食文化もあり川魚を甘露煮にして名物にもなっている。特に鮒の甘露煮が有名である。このところは鰻の街古河としても官民一体で取り組んでいるようだ。古河の観光協会で鰻について取材した記事はこちら。https://unatan.net/?p=2612前回の「川松」さん探訪の記事はこちら。https://unatan.net/?p=3979 […]

タイトルとURLをコピーしました