スポンサーリンク
うなぎ

うなぎ屋さん探訪547~神楽坂で正統派江戸前関東風の蒲焼を楽しむ「うなぎ川勢(かわせい)」さん

築地の老舗鰻屋さんの流れを汲むといううなぎ川勢さん。老舗感のある正統派江戸前関東風の蒲焼はトロトロ柔らかな身に醤油香る辛めのタレが絡む。贅沢なおつまみにもなりそうな蒲焼でございます。都内での鰻会食におすすめの一軒だ。「うなぎ川勢(かわせい)」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪546~1878年(明治11年)創業という志木の老舗「鯉清」さん

待つこと10分、うな重登場。素早い登場で待てない人にはいいかもしれない。しっかり蒸されトロトロ柔らかな身。焼きは浅い。「鯉清」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪545~随所に店主のこだわりを感じるうな重をいただける。「うな藤」さん

蓋を開けるとほのかな炭の香りと甘辛の香りが食欲をそそる。4Pサイズの身は箸で持つのが難しいくらいトロトロとところけるように柔らかい。本日は愛知県産の鰻だそうだ。「うな藤」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪544~安定の江戸前蒲焼き「日本橋鰻伊勢定そごう千葉店」さん

正統派な関東風江戸前のうな重だ。厚みのある身は、しっかり蒸されトロトロになり柔らな食感。「日本橋鰻伊勢定そごう千葉店」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪543~江戸前の蒸しと関西の焼きがいい感じな「うなぎ処さかた」さん

しっかり蒸されトロっと柔らかな身。サクッとした食感に焼き上げられた身だが、焦げめ無く見た目も美しい仕上がりだ。「うなぎ処さかた」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪552~うなぎの街岡谷に新店登場!今、岡谷が熱い!「うなぎ松川」さん

奥が甘味噌タレだ。どこか群馬の焼き饅頭を思い起こす感じがしたのだが、お話を伺っていると、長野のご当地ソースカツ丼のタレからの流れなのだそうだ。甘味噌が鰻自体の脂と融合し、鰻のもつ旨味甘みと甘味噌タレが合わさり複雑な美味さを表現してくる。かなり研究されたうな重だ。「うなぎ松川」」さんを探訪する。
うなぎ

猛暑をのりきれ!の鰻パワーチャージ!「入谷鬼子母神門前のだや」さん

奥の離れは、5月にライブキッチンとしてリニューアルオープンしている。すっかり内装も変わっていてカウンター席メインの離れとなっていた。カウンター席からは、のだや店主江部氏の裂き、串うちの職人技を近くで見ることができる。これが見たくてこのカウンター席の予約も増えてきたのだそうだ。「のだや」さんを再訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪553~鰻愛とこだわりが溢れすぎている「地焼うなぎひらさわ」さん

炭火で焼き上げられた鰻は、皮はパリッと身の表面サクッと仕上げられている。身はこれは蒸しているんじゃないの?と思うほどとろける身だ。焼きだけでこんなに柔らかくトロトロするのは高い技術があってこそだ。「地焼うなぎひらさわ」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪542~かなりリーズナブルにいただけるうな重「魚俊」さん

脂ノリよくトロっとした身だ。ごはんにタレがしっかりかかっている。甘辛濃いめで味醂引き立つタレだ。手前の身が厚みがあった。かなりリーズナブルにいただけるうな重だ。「魚俊」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪541~テイクアウトで美味しい鰻を自宅で「海老仙」さん

サイズは特大サイズ、なかなか肉厚な鰻だ。いつものように電子レンジのトースター昨日で皮側から焼き始める。「海老仙」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪541~かけ流しの舘山寺温泉第4源泉で癒され浜名湖の幸を存分に楽しめる「旅館ふじや」さん

独特な水質を持つ浜名湖ならではの旬の食材のおもてなしと、源泉かけ流しの温泉に癒され、接客も丁寧な気持ちのいい旅館だ。うなぎ好きは一度行ってみていただきたい旅館だ。「旅館ふじや」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪540~鰻のメニューだけで勝負な「うな専」さん

皮下の脂のノリも程よく、タレとのバランスも良い。今日はドライバーなので飲めないが一杯やりたくなる蒲焼だ。「うな専」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪538~名物うなとろをお取り寄せ「うなぎ量深」さん

適当な丼に炊きたてのご飯を盛り付け、湯煎でアツアツの蒲焼をのせ。常温くらいになったとろろを載せて量深さんめいぶつ「うなとろ」の完成「うなぎ量深」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪539~食の宝庫茨城県。涸沼のほとりの「うなぎや」さん

待つこと10分うな重登場。本日の鰻は鹿児島産。皮薄くほくっと柔らかい身だ。タレは甘い、麹町の秋本や練馬のうなぎんのように甘いタレだ。涸沼「うなぎや」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪538~酒種類豊富で稲荷観光の後にうなぎで一杯やる店「うなぎ量深」さん

トロロをちょっとづつかけていただく。伝統的なタレの醤油感としっかり蒸されてトロトロになった鰻の身と出汁の効いたトロロが調和する。ご飯炊き加減もかためで好みだ。なんかうなトロがクセになる。炙った肝が入る肝すいがつく。「うなぎ量深」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪537~トロトロに蒸された鹿児島産4pサイズのボリューム感を楽しむ「うなぎときわ」さん

時期的に冬の鰻の脂のノリはスゴイ。かなりのボリューム感がある鰻だ。タレはややコクのある基本的なタレ。だし巻き卵がちょこんとついてくるところが特徴的だ。「うなぎときわ」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪536~若い店主が鰻激戦区に挑戦する三島の新店「うなぎいけだ」さん

ご飯炊き加減も好みだ。蒲焼とタレとご飯のバランスがよい。若い店主が三島の鰻激戦区に挑戦する。「うなぎいけだ」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪535~ここでしか楽しめないクジラと鰻の共演「新都」さん

炭火で丁寧に焼き上げられ、フワッとトロっとした身に仕上げてある。鰻を引き立てる醤油香る控えめでシンプルなタレ。ご飯はやや水分多めだぎ許容範囲。というかご飯にタレをまぶすのが新都流なのだそうだ。「新都」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪534~備長炭で丁寧に焼き上げられたトロットロの食感の蒲焼を楽しめる。福島県白河市「川亀」さん

うなぎは大好物である。 東北方面に出張の要件があり、車で向かうことにする。昼食時には福島県に到達するようだ。事前にちょっと調べてみるもちろん鰻屋さんだ。 福島県白河市の鰻屋さん「川亀」さんがよさそうだなと思いよく調べてみ...
うなぎ

うなぎ屋さん探訪533~温泉街でワーケーション。昼食には鰻「旭亭」さん

デザートで後口もさっぱり。細かい接客の女将さんも穏やかでアットホームな雰囲気のお店だ。旅館街なので夜の営業はやらない。人も少なく錆びれ感は否めない那須塩原温泉だ、泉質も豊富でお湯もとても良い。「旭亭」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪532~ここで蒸さない関西風の鰻と出会えるとは思わなかった「うおとよ」さん

待つこと20分、うな重上関西風が登場。なかなかの肉厚だ。関西風なので蒸していないが焼きの技術だけで十分柔らかくなる。「うおとよ」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪531~いろいろなシーンに対応できる客席「丸一」さん

厚めの身はしっかり蒸されトロトロの食感。皮まで柔らかい。ご飯はかための炊き加減で好み。タレはけっこう甘めより。大きめの鰻には甘めよりのタレが合うのかもしれない。「丸一」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪530~自治医大病院前んの備長炭で焼上げる蒲焼「鰻田島」さん

備長炭で焼かれた蒲焼は香りも高く、トロトロに仕上げられている。鰻の脂と甘辛濃厚なたれがよく合う。「鰻田島」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪529~ほんのり甘めのタレで身は柔らかくホックとした触感だ。「うなぎ錦水」さん

特上うな重は、なかなかの肉厚。このサイズだから皮はやや厚めなのだがしっかり蒸され柔らかく仕上げてある。身は柔らかくホックとした触感だ。「うなぎ錦水」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪528~明治初期より川魚問屋として創業超トロトロの飲み物レベルの蒲焼「うなぎ小堀」さん

極厚の身ではないがしっかり蒸されて超トロトロの飲み物レベル、そして皮をパリッと仕上げてある。「うなぎ小堀」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪527~富山ブラック蒲焼!?鰻も楽しめて宿泊もできる鰻オーベルジュ「民宿うな新」さん

蒲焼は蒸さずに30分じっくり焼くことで仕上げていく、すごくホッとする身体が喜ぶような素材の味を活かした自然なお味。「民宿うな新」を探訪する。
うなぎ

【再訪】冬の共水鰻を楽しませてくれる。また行きたくなる鰻屋さん「うなぎ料理専門店せしも」さん

肉厚な共水鰻はこの冬の時期だけあって脂のノリもかなりのものだ。こんなに脂感を感じる共水鰻は初めてだ。ボリューム感があるのだがそこはさすがブランド鰻だ、上品なボリューム感に仕上がっている。「うなぎ料理専門店せしも」さんを再訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪526~唯一無二の鰻のセイロ蒸しが楽しめる福井市の「うな信」さん

鰻をつまみに一杯やりたい福井の夜。いろいろ一品料理もあるので自分で鰻のコース料理が組める。鰻のセイロ蒸しが美味しい「うな信」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪525~金沢一の繁華街いや北陸の繁華街であろう香林坊の鰻屋さん「福利」さん

金沢一の繁華街いや北陸の繁華街であろう香林坊の鰻屋さん「福利」さんを探訪する。
うなぎ

うなぎ屋さん探訪524~三方五湖の有頭地焼き蒲焼の迫力「徳右ェ門」さん

上段の蒲焼は皮をパリッと仕上げてありサクサクとした食感の地焼き蒲焼を楽しみ、下段の蒲焼は、程よく蒸された感じで上段の蒲焼とはちょっと違う食感を楽しめる。三方五湖の「徳右ェ門」を探訪する。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました